WordPressバージョン3.0の特徴(新機能など)について(1) – WordPress3.0でのマルチブログ化(複数ブログ化)する方法・手順


WordCamp Yokohama 2010のUstream録画を見ました(1)にて、
WordCamp Yokohama 2010の
マクラケン直子さん
WordPress の現況 〜事例とバージョン 3.0 紹介〜
http://yokohama2010.wordcamp.jp/schedule/
のプレゼンを聞きました。

そこで、WordPress3.0の特徴(新機能など)について、お話をされていたので、自分でもRC2をインストールしましたので、さっそく試してみることにしました。

ここでは、自分が試したことを、書いていきたいと思います。

(1)マルチブログについて

WordPress3.0になるにあたって、一番注目されているのは、「WordPressのマルチブログ化(複数ブログ化)」ではないでしょうか?
周りのWordPressをよく使っている方々に直接お話をしていても、WordPressのマルチブログ化(複数ブログ化)が一番お話に挙がるように思います。

WordPressの2系(2010年6月11日現在の最新版はバージョン2.9です。)については、基本的に、シングルブログが基本でした。
つまり、1つのWordPressについて、1つのブログしか作れませんでした。

もし、WordPressの2系で、マルチブログ(複数ブログ)に対応しようとすると、
WordPress MU
http://mu.wordpress.org/
http://wpdocs.sourceforge.jp/WordPress_MU
をインストールする必要がありました。

では、マルチブログにするために、WordPress MUをインストールすれば良かったわけですが、
WordPress MUでは、WordPressでは使えるプラグインが一部使えなかったり、データベース構造が異なったり、開発が異なったり、など、デメリットもあったとのことです。
(自分もWordPress MUについては、試しにインストールして使ってみた程度で、WEBサービスとして実運営をした経験は無いので、人聞きの点もあるのですが。)

これが、WordPress3.0では、WordPress MUと統合されるので、不自由が無くなる、ということのようです。

つまり、WordPressをインストールすれば、今までのようにシングルブログのタイプも使えると同時に、WordPressをマルチブログ化(複数ブログ化)して、子ブログを作ることも可能になります。

以下、2010年6月11日時点における、WordPress3.0でのマルチブログ化する方法・手順について、具体的に説明します。

(なお、WordPress 3.0 RC2版でのマルチブログ化(複数ブログ化)の方法です。WordPress 3.0が正式にリリースされましたら、より簡単にマルチブログ化(複数ブログ化)できるように仕様が変更されているかもしれません。)

WordPress3.0でのマルチブログ化(複数ブログ化)する方法・手順

(1)
まず、
WordPressのwp-config.phpファイルをPCに落としてきます。
(wp-config.phpはデータベースの設定などを行うファイルです。)

その中に、
define(‘WP_ALLOW_MULTISITE’, true);
と一行加えます。

下の画像で言うところの、17行目と18行目を新たに加えています。

WordPress3.0でのマルチブログ化(複数ブログ化)する方法・手順

そのwp-config.phpファイルをサーバーにアップロードして更新します。

(2)
WordPress3.0でのマルチブログ化(複数ブログ化)する方法・手順

すると、今まで無かった、
「ツール」の中に、
「ネットワーク」という項目が新しくできると思います。
(「ネットワーク」は、WordPress 3.0 RC2版での名称ですので、WordPress3.0での正式リリースでは名称が変わるかもしれません。)

(3)
「ツール」の中の「ネットワーク」をクリックすると、以下のような画面が出てくると思います。

WordPress3.0でのマルチブログ化(複数ブログ化)する方法・手順

複数ブログ(マルチブログ)を作る際の、子ブログを
・サブドメイン形式にするか、
・サブディレクトリ形式にするか、
を選択することができます。
この選択は、後で変更することはできないと書いてあります。

なお、バーチャルホスト(サブドメイン)機能を使う場合には、ワイルドカードDNSレコードが必要になるとのことです。

これは、原則的には、サーバーのroot権限が無いと実現が難しいかもしれません。
(色々といじれば、実現可能かもしれませんが。)

なので、通常、root権限は、自宅サーバーや専有サーバーやVPSサーバーで無いと持てないので、共有サーバーの場合は、サブディレクトリ形式の方が簡単に設定できると思います。

SEO(=検索エンジン最適化)のことを考えたら、サブドメイン形式ですと、それぞれのサイトが検索エンジンに別に認識されるので、全体と見ると検索されやすかったり、するのかもしれませんが、ここでは、簡単な方として、サブディレクトリ形式を選択して進みます。

ここでは、
「サブディレクトリ」を選択して、
「インストール」をクリックします。

(4)
すると、以下のような画面が出てくると思います。

WordPress3.0でのマルチブログ化(複数ブログ化)する方法・手順

その指示に従って、更新していきましょう。

なお、もしマルチブログ化(複数ブログ化)に失敗した時のために、注意として、現在の wp-config.php と .htaccess のバックアップをとることをお勧めしています。

まず、
「/var/www/vhosts/○○○.com/httpdocs/wp-content の中に blogs.dir ディレクトリを作成してください。このディレクトリは、追加するサイトでのメディアアップロードの保存に使われるため、ウェブサーバーの書き込みを許可しておく必要があります。」
とあるので、指示に従い、wp-contentフォルダの中に、「blogs.dir」というフォルダを作ります。
これはFTP上からフォルダを新規作成すればできます。

WordPress3.0でのマルチブログ化(複数ブログ化)する方法・手順
書き込みを許可しておく必要がある、ということは、パーミッション(属性)の変更が必要です。
サーバー環境にも寄りますが、パーミッション(属性)を「777」に変更しておくと大丈夫だと思います。

(1)の手順でも行ったように、
wp-config.phpファイル
に指示されたコードを追加する必要があります。
「/* 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください。 */ という行より上に以下のコードを追加してください。」とありますので、その通りにします。

「/var/www/vhosts/○○○.com/httpdocs/ の .htaccess ファイルに次を追加し、ほかの WordPress のルールを置き換えてください。」
とありますので、.htaccessファイルを作り、指定されたサーバーの階層にアップロードします。
なお、パソコンやサーバー環境によっては、.htaccessという形式はそのままでは編集できないかもしれません。
その場合は、まずは、自分のパソコンでhtaccess.txtというテキストファイルを作り、それをアップロードして、その後にFTP上で名前の変更として「.htaccess」とすると設定できると思います。

管理画面に表示された全ての作業が終わりましたら、一番下の「ログイン」をクリックしましょう。

「以上のステップを完了すると、ネットワークの有効化と設定が行われます。ログインし直す必要があります。 」
とありますので、クリックすると、ログアウトされた状態になり、管理画面へのログイン画面が表示されます。

(5)
ログインすると、
管理画面の左上に
「特権管理者」
という項目ができていると思います。
(「特権管理者」は、WordPress 3.0 RC2版での名称ですので、WordPress3.0での正式リリースでは名称が変わるかもしれません。)

WordPress3.0でのマルチブログ化(複数ブログ化)する方法・手順

これにより、WordPress3.0でのマルチブログ化(複数ブログ化)の設定が完了します。

なお、
WordPress3.0の「特権管理者」は、そのサイト全体の「親」になる、というイメージです。
その下に子ブログを作ることができるということになります。
なので、1つ1つの子ブログの管理者の管理画面には「特権管理者」の項目は表示されません。

「特権管理者」の項目で、子ブログを作る設定や、子ブログがインストールできるテーマを設定したり、新規登録の許可・非許可を設定したり、といった、サイト全体の設定を行うことができます。

WordPress 3.0 RC2版では、「特権管理者」の項目には、
・管理
・サイト
・ユーザー
・テーマ
・設定
・更新
があります。

・管理は、ネットワーク管理という意味でして、今作られているサイトの数とユーザー数を一覧することができます。
・サイトは、管理画面からサイトを追加する場合に使います。以下の画像は、そのサイトの新規追加の画面です。なお、設定からWEB上から(ログインしないで)新規にサイトやユーザーを増やすように工夫することもできます。
・ユーザーは、ユーザーを一覧したり、追加・削除することができます。
・テーマは、子ブログに使わせることのできるテーマを指定することができます。デフォルト(初期設定)では、「Twenty Ten」テーマのみですので、自分で新たに追加することで増やして、それを子ブログに使わせるかどうかを設定することができます。
・設定は、サイト全体に対する様々な設定ができます。
・更新は、例えば、WordPressにバージョンアップがあった場合などに、子ブログまでバージョンアップする必要がある時に、更新します。

WordPress3.0でのマルチブログ化(複数ブログ化)する方法・手順

ここまでで、文字数も4000文字近くなってしまいましたので、マルチブログ化(複数ブログ化)の記事につきましては、また別記事で改めて書きたいと思います。

カテゴリー: WordPress3系の新機能   パーマリンク

WordPressバージョン3.0の特徴(新機能など)について(1) – WordPress3.0でのマルチブログ化(複数ブログ化)する方法・手順 への9件のコメント

  1. ikedahidenori より:

    /wpにWPファイル置きつつマルチブログをサブドメインで運用する方法:
    1.マルチブログ化 http://bit.ly/b8Qbp9
    2.index.phpを/直下に移動、requireを変更 http://bit.ly/cZs6kj
    3.特権管理者→サイト→パスの/wp/を空に

  2. /wpにWPファイル置きつつマルチブログをサブドメインで運用する方法: 1.マルチブログ化 http://wp3.jp/2010… 2.index.phpを/直下に移動、requireを変更 http://wpdocs.sourceforge.jp/Giving_… 3.特権管理者→サイト→パスの/wp/を空に

  3. /wpにWPファイル置きつつマルチブログをサブドメインで運用する方法: 1.マルチブログ化 http://wp3.jp/2010… 2.index.phpを/直下にコピー、requireを変更 http://wpdocs.sourceforge.jp/Giving_… 3.特権管理者→サイト→パスの/wp/空に

  4. ikedahidenori より:

    /wpにWPファイル置きつつマルチブログをサブドメインで運用する方法:
    1.マルチブログ化 http://bit.ly/b8Qbp9
    2.index.phpを/直下にコピー、requireを変更 http://bit.ly/cZs6kj
    3.特権管理者→サイト→パスの/wp/空に

  5. ピンバック: MT→WP | Gee!!

  6. ピンバック: マルチブログ化するための泥沼 - Kauntore

  7. switchblade より:

    マルチブログ化の手順

  8. 仲居 一平 より:

    星野さん,初めまして。

    私も2年ほど前から,wordpressの使いやすさからファンとなり,今も大事な自分表現ツールとしてWordpressを使っています。

    最近,twenty tenの存在をしり,早速テーマ変更をさせていただきました。
    使いやすいですね・・・嬉しくなってきました。

    さて,以前からどなたかに質問をしたいと考えていました。
    どうしてもわからないことがあります。

    お時間,お手数な時で結構ですので,ご存じであればご回答いただくと,胸のつかえも取れるかと思います。
    以下に,質問させていただきます。
                              ・
                              ・
                              ・
    すみません,アドバイス頂くと助かります。

    最近,「データベースに接続できません。」という例のうっとうしいメッセージが不定期に現れてきました。

    いずれにせよ,wordpress自身を再インストールしてすっきりさせないとダメだろうと考え,バックアップを試みましたが,なぜか途中で止まり・・・完了しません。

    環境は・・・

    レンタルサーバーにてWordPress 3.0.1をインストールし使用中。
    MySQLバージョン 5.1.47
    アパッチバージョン 2.2.16
    PHPバージョン 5.2.14
    使用ディスク容量は無制限

    バックアップ対象のDB(総計25テーブル)

    合計レコード数 3,250,381
    合計サイズ 723.7 MB
    バックアップ先は,同じレンタルサーバー内のルートディレクトリーです。

    ですが,途中wp01_Counterizeのバックアップ中に固まってしまいました。
    バックアップ先の容量は30.9 MBのまま,丸一日経っても増えません。
    44%バックアップ中・・・の表示のまま前に進まなくなりました。

    その間,phpMyAdminへのログインや表示は問題なくできていました。
    サーバー側は問題なく動作していたことになります。

    特に容量の大きなテーブル(wp01_Counterize)に来てところで止まってしまったようです。

    wp01_Counterize 2,025,278レコード,493.4 MB
    wp01_Counterize_Keywords 805,980レコード,31.1MB
    wp01_Counterize_Referers 325,788レコード,116.8 MB
    wp01_Counterize_UserAgents 46,207レコード,18.3 MB
    wp01_posts 7,108レコード,57.6 MB

    やりたいことは,バックアップです。
    どんな方法でも良いのでバックアップしたのですが,

    phpMyAdminから入って,テーブルを指定してエクスポートしても同じ結果なのでしょうか?
    プラグインのバックアップを使うのと,何か違いはあるのでしょうか?

    あと,phpMyAdminには「テーブルの最適化」という機能がありますが,
    これを実施する際の注意点がもしあれば教えて頂ければとおもいます。

    今回の不定期に出てくる「データベースに接続できません」のエラーメッセージの解決策に
    最適化が効果的なのか・・・よくわかりません。

    すみません。
    基本的なPHPの仕組みのところが全くわかっていません。
    宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">