WordPress(ワードプレス)の3系のRC2版がリリースされたので、アップグレードしてみました。


WordPress(ワードプレス)の日本語公式サイトを見たら、
WordPress 3.0 RC2 日本語版リリースのお知らせ
が出ていましたので、今までの「WordPress 3.0 RC1」から「WordPress 3.0 RC2」にアップグレードしました。

WordPress 3.0 RC2

通常のWordPress(ワードプレス)の場合、管理画面から、自動的にアップグレードをすることができます。

ただし、今のWordPress(ワードプレス)の3系は、まだ「RC版」ですので、それができません。一部、手動でアップグレードすることが必要です。
なお、「RC版」とは、「Release Candidate」の略で、「リリース候補」という意味です。
まだ正式版ではないけれどリリースする予定となるパッケージです、という意味だと思います。

バージョンが上がる時は、WordPress(ワードプレス)に限らず、
まずはベータ版が出て、その後にRC版、そして、正式版になるという流れのようです。

さて、WordPress(ワードプレス)の3系のRC1からRC2へのアップグレードの方法ですが、

(1)
WordPress(ワードプレス)の日本語公式サイトから、「WordPress 3.0 RC2 日本語版」をダウンロード
WordPress 3.0 RC2 日本語版リリースのお知らせの一番下からダウンロードできます。

(2)
現在のサーバーにあるRC1のファイルを全て削除
(この時、wp-config.phpと、wp-contentフォルダ内にあるテーマやプラグインやアップロードした画像などは、自分のパソコンに保存しておきましょう!)

(3)
(1)でダウンロードしたRC2をサーバーにアップ

(4)
自分のサイトを更新すると、WordPressの設定画面が出てきますので、wp-config-sample.phpを一旦自分のパソコンにダウンロードしてから、リネーム(名前の変更)をして、wp-config.phpにファイル名を変更して、そこにサーバーのデータベース情報などを書いて、再度、サーバーにアップ
WordPress 3.0 RC2
ファイルを入れ替えた時点では、また初期のインストール画面が出てきますので、その時にwp-config.phpを更新してアップするとスムーズかと思います。

(5)
自分のサイトを再度更新すると、サイトが見れると思います
その後、管理画面にログインしようとすると、データベースの更新を求めるボタンが出てきますから、「WordPressデータベースのアップグレード」のボタンをクリック
WordPress 3.0 RC2
完了すると、
WordPress 3.0 RC2
という画面が出てきます。
「続ける」のボタンをクリックすると、WordPress(ワードプレス)の管理画面に入ることができます。
そして、管理画面の右下を見ると、「バージョン 3.0-RC2」となっていると思います。

(6)
RC1の時の、wp-contentフォルダ内にあるテーマやプラグインやアップロードした画像などのデータを更新するためにアップ

以上の手順で、WordPress(ワードプレス)の3系のRC1からRC2へアップグレードできました。

RC2がリリースされたということは、そろそろWordPress(ワードプレス)の3系の正式版が出そうですね!

中の人のお話では、特に大きな問題がなければ、6月中にはWordPress(ワードプレス)3系が正式リリースされるとのことです。

今から楽しみです!

カテゴリー: WordPress3系の新機能   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA